異業種への転職について

転職と言っても何も同じ業界や職種とは限りませんよね。異業種に自分のやりたい仕事がある方や別職種に興味を持った方など目的も様々です。当サイトでは異業種への転職者の成功事例を元に異業種への転職をお考えの方のお助けができればとまとめております。

異業種へ転職した方の成功事例

転職は、これまで働いてきた業種と同じ方が、経験を活かせるという点では良いですが、経験を広げるという意味では、異業種にした方が良いです。異業種とはいっても、扱う商品やサービスが異なるだけで、必要なスキルは同じです。ただし、扱うものが専門性の高いものになれば、それについても勉強して知識を身に着けていかなくてはなりません。新しい業種に転職して成功できるかどうかは、その人の頑張りしだいです。必要な知識をどん欲に身に着けるという意欲がある方であれば、可能性は開けます。昨日までカフェで接客業をしていたのに、急に「WEBディレクターとしてWEBサイトを作ろう!」と転職し、成功した友人もいます。
また異業種に転職して成功した事例として、保険の営業をしていた人が、不動産屋に就職したことが挙げられます。一見すると、保険と不動産は扱うものが異なりますし、覚えておこなければならない法律の知識も異なります。しかし、どちらも、あまり知識のない一般の人に対して、わかりやすくメリットを伝えて利用してもらうという点においては同じです。したがって、この人は、不動産屋で働くにあたって宅建の資格を取得するなどの努力をして知識を蓄えて、これまでの営業スキルを活かしながら、業績を上げることに成功しました。
転職をするときには、自分の向き不向きも考えるべきです。成功事例は、その人の適正にあっていたので成功したにすぎません。それを鵜呑みにしてしまっても、自分には合わなかったということもあります。その適正については、転職サイト等の情報や、コーディネーターと相談するなどして、自分で見つけていく必要があります。異業種の場合でも、前述のように、共通スキルを活かせる場合もあればそうではない場合もあります。これらの点についても、自分の適性と合わせて考えて、適切な転職先を探しましょう。