転職と言っても何も同じ業界や職種とは限りませんよね。異業種に自分のやりたい仕事がある方や別職種に興味を持った方など目的も様々です。当サイトでは異業種への転職者の成功事例を元に異業種への転職をお考えの方のお助けができればとまとめております。

異業種への転職のメリットとデメリット

転職を検討する際、思い切って異業種を目指す人もいます。異業種からの転職は即戦力を希望する企業であれば未経験者はどうしても不利にはなる状況です。転職してもこれまでの仕事とは異なる為、一から覚え直しという点では入社後の努力も欠かせないてんではあります。もしかしたら自分に合っていないという事も解らないので同業でない転職の仕事内容に合う合わないのリスクはどうしても伴うでしょう。
もちろん同業種からの転職はこれまでの経験やスキルが活かせる可能性が高く、メリットも多いです。その専門分野での知識をより高める事が出来るでしょう。企業としては同業他社でのこれまでのやり方や知識を期待している部分もあり、即戦力を欲している場合には同業からの転職者を歓迎するケースが多いでしょう。企業によっては敢えて経験者でなく、未経験者を採用する事でその企業の社訓ややり方を偏見なく知識として蓄積できる事が出来るとして、経験が邪魔をしない点では積極的に採用する企業もいます。また異業種と言ってもこれまでの経験は直接仕事に役立てなくても通じる部分もあるので必ずしもアピールにはならなくないでしょう。
ではこれから異業種への転職を検討している人の転職のポイントとしては異業種でもこれまでの経験値が無駄にならず、どういった点を活かせるかを面接時にアピールしてみる事も大切でしょう。異業種で取得しておくと有利な資格なども勉強を始めておくと好感が持てるでしょう。
異業種の場合には仕事内容もイメージで決める部分も大きい為、出来れば事前の仕事内容を実際に働いた事がある人から話を聞いたりして現実味を持たせる事で理想と現実のギャップが少なくなるでしょう。