転職と言っても何も同じ業界や職種とは限りませんよね。異業種に自分のやりたい仕事がある方や別職種に興味を持った方など目的も様々です。当サイトでは異業種への転職者の成功事例を元に異業種への転職をお考えの方のお助けができればとまとめております。

異業種への転職の注意したいこと

転職活動をしていて、異業種にチャレンジしたい、と考えることもあるでしょう。その際に注意したいことをご紹介します。まず、転職をする際の観点として業種と職種がありますが、これはどんな職種で転職をするかによって、異業種への転職の際のハードルが変わってきます。例えば、システムエンジニアやWebデザイナー、経理といった、どの会社にも必要な職種であり、かつ何らかの特殊なスキルを持った職種である場合、異業種からの転職というのはそこまでのネックになりません。必要とされているのはその人自体のスキルであるからです。また、他にも秘書や営業アシスタントといった、「人に付く」仕事の場合も、そこまでネックにならない場合があります。異業種への転職でハードルが高くなるのは、営業や企画といった、会社の事業そのものと仕事内容が深く関わっている職種の場合です。こういった職種で異業種からチャレンジしようと思うと、一から知識を付ける必要がありますので、企業側は、求職者にその意欲やポテンシャルがあるかどうか、というところを見ます。例えば、異業種からの転職だけれど、学生時代に研究していた分野と密接に関わっている場合や、自発的にその業種や業界について勉強していることがアピールできる場合は、人事側もチャンスを与えてくれるでしょう。また、その業界にあまり親和性がなくとも、自分のスキルに圧倒的な実績と自信があれば、さほどネックにならない場合もあります。たとえばこれまでどんな商材でも売り上げを作ってきた営業や、アイディアが豊富でコンペティションでの入賞経験がある企画・マーケティングの人材などがそれにあたります。何にしても、転職で大事なのは応募する企業に興味を持つことなので、異業種からのチャレンジの場合は自分でしっかりと業界について調べ、今後も学ぶ姿勢を見せることが大事です。